facebook page

POWER HALL 2018 -Battle of another dimension-

エス・ピー広告のブログをいつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。      

新規事業開発部 エンターテインメント事業課 武田有弘と申します。

 

日頃より大変お世話になっております全ての皆様に、この場をお借りして改めまして厚く御礼申し上げます。 

 

さて2018年1月に続きまして、次回7.10(火)18:30より

聖地・後楽園ホールにて長州力プロデュースPOWER HALL 第2弾の開催が決定致しました。

 

聖地と言いましても後楽園ホールに行ったことがないという方も

いらっしゃるかと思いますので簡単にご説明させて頂きます。

楽園ホールとは、1962年開業で東京ドームの敷地内にある、

プロレス、ボクシング、格闘技や笑点の収録や社交ダンスなども

開催されるキャパ1,700人の多目的ホールです。

プロレスのみに絞りましても年間200大会近く開催される稼働率抜群の超人気会場です。

 

JR総武線・水道橋駅(西口改札)が一番近い駅になります。

改札を出ますと右前方に後楽橋という橋がありますのでその橋を東京ドームの白い屋根に向かって渡り、

ひたすらまっすぐ行きまして、ローソンを通過し宝くじコーナー右側の階段を下りますと

左側に昔は青いビルと呼ばれてましたが現在は改装して茶色の、

1Fにフライデーズ、2Fに後楽園飯店が入ったビルがございます。

そのビルの5Fが今回の会場になります後楽園ホールとなります。

※他にも東京メトロ・後楽園駅(丸ノ内線・南北線)や

都営「三田線」の水道橋駅からも歩いてすぐの好立地でございます。

 

 後楽園ホールに到着しますとエレベーターが三機ありますのでそちらで5Fへお越しください。

もしエレベーターが混雑して待てない場合は左脇に階段もございます。

階段を使う場合は左右の壁の後楽園名物の落書きにビックリするかもしれません。

 

 

 

一部対戦カードも発表されております。

 

(メインイベント)

長州力&関本大介&ヨシタツ VS  秋山準&橋本大地&黒潮”イケメン”二郎

 

(セミファイナル)

藤波辰爾&丸藤正道&芦野翔太郎 VS 鷹木信悟&土肥孝司&清宮海斗

 

日本を代表する各団体の人気選手が多数参戦します!

         

チケット料金や発売所情報はこちらをご参照下さい。

http://sp-enter.com/event/detail.php?mode=ticket&id=52

 

後楽園ホール!プロレス!長州力! 

少しでもご興味を持って頂けましたら幸いでございます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。

 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

| - | 00:00 |

指導するということ

いつもお世話になっております。

 

エス・ピー広告 企画開発部 古市でございます。

 

2017年卒として入社させていただいて

早いもので1年と2ヶ月弱が経過致しました。

 

ありがたいことに指導担当者としての役割をいただいております。

 

私は学生時代、4年間、大学受験の予備校で高校生に英語を授業するアルバイトをしておりました。

 

同じく”指導する”という立場にありながら当時との決定的な違いを2点感じております。

 

 

1点目、当時の対象者はお客様(生徒)

    現在の対象者は部下という点です。

 

2点目、当時、指導していた内容は技術と知識

    現在、指導している内容は技術と知識はもとより、考え方・姿勢

という点です。

 

 

会社の発展への寄与、関わる全ての人の幸せへの一助の為には、

技術の伝授のみならず目標と意思の共有が必須となります。

 

上記を決して混同しないことを自分への及第点としております。

 

そして指導は”一方的”ではいけないと心得ております。

 

個々の特長を鑑み、能力を引き出し、

出した結果を共に検証し、ブラッシュアップし、共に成長していくことが指導と考えております。

 

その為には

この人と共有したい、同じ方向を向きたいと思ってもらえるような姿勢を

私の方から示さねばなりません。

 

そこにこそ指導することでの自身の成長があると感じております。

 

新入社員と共に、強烈に努力して参る所存でございます。

 

何卒、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エス・ピー広告 古市

| - | 00:00 |

いのちの詩

エス・ピー広告のブログをご覧の皆さま、こんにちは。

東京本社 人材育成室兼社長秘書の住永と申します。

 

 

日頃からご愛顧頂いているクライアント様、協力会社様

エス・ピー広告に関わってくださっている皆様にこの場を借りまして、 

心より感謝と御礼を申し上げます。 いつも本当にありがとうございます。

 

 

今回は、日ごろ私が目にしている ”相田みつを”さんの「いのちの詩」について執筆致します。

 

 

既にご存知の方が多いとは思いますが相田みつをさんについて以下、簡単にご紹介致します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

● 相田みつを=本名:相田光男さん(1924-1991)

平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる詩人・書家 。

(特に有名な詩は「つまずいたっていいじゃないか にんげんだもの」等)

多数のロングセラーを生み出すなど”いのちの詩人”とも称され今でも多くの方に愛されている方です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

“目にしている”というのも、幼い頃から現在もずっと

私の家には相田みつをさんの日めくりカレンダーが飾ってあり

祖父母や親せきの家にも必ず飾ってあったので

日頃から意識をせずとも(惹かれていたのか)ついカレンダーを眺めていることが多かったのです。

そうして気付けばいつの間にか個展に行き、自分の部屋にお気に入りの詩を飾るほど

相田みつをさんの詩に刺激を受けるようになっていました。

 

 

 

数ある”いのちの詩”の中で私の1番のお気に入りは

 

 

 

「 しあわせは いつも じぶんのこころが きめる 」

 

 

 

”幸せは、人それぞれ。

自分の幸せは、自分の心が決めるものでしょう”

 

という意味が込められています。

“他人にとっては些細な事でも自分にとっては大きな幸せである”

「幸せ」とは自分で決めるものです。

 

 

当たり前に過ごしている日々は、ある日突然 ”当たり前ではなくなる” かもしれません。

事故や病、様々な理由で自分の置かれている環境は一瞬にして変わります。

そして自身は…良い方向ならいいですが、悪い方向にも簡単に転がってしまいます。

そういった経験をしたときに私はこの詩に強く惹かれました。

 

「 何を自分の幸せとするのか 」

 

今こうして健康でいれることのしあわせ、大切な人と笑顔で過ごせることのしあわせ

一生懸命働けることのしあわせなど人によって幸せの感じ方は無限にありますが、

私の解釈では「 現状での幸せを探し、満足する 」ということではなく

「 今ある幸せは当たり前ではない。しっかりと気付き、感じて、自分の人生を前向きに生きる 」

というメッセージが込められている気がして、この詩を見ると不思議と元気を貰えます。

 

 

また、この機会に意味について調べてみると(感じ方に正解はありませんが)

上記の私の解釈に加えて、もう一つの考え方を見つけました。

 

「 幸せ、不幸せという価値観は自分の思い込みで生まれる 」

 

ということです。

どんなに恵まれて幸せそうに見える人でも本人が幸せだと思っていなければ

その人は幸せではないということがあります

“この人は○○だから幸せだよね。”という定義は、自らが作り上げた価値観で

それに振り回されてしまえば自らの幸せに気づけなくなってしまう。

自分に都合のいい出来事も、悪い出来事も、すべての出来事が捉え方によって

自分を本当の幸せへと導く教えがこの言葉から感じ取れるという考えです。

 

 

私は率直に“ なるほど、面白い ”と思いました。

自分とは違う捉え方を知ると、次に同じ詩を見たときはまた違う見え方になり

同じ詩から新しい教えとして吸収されます。

 

 

 

今回は私のお気に入りを1つ紹介させていただきましたが

相田みつをさんの「いのちの詩」には人の”生き方”を無限の角度から考えさせられる詩ばかりです。

皆様もお時間のある時に是非、相田みつをさんの いのちの詩 に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

| - | 00:00 |

「記念に1枚」をエンターテインメントに

エス・ピー広告のブログをご覧頂きありがとうございます。
新規事業開発部の小林です。

また、日ごろより弊社と関わって下さる全ての方々にこの場をお借りしまして感謝申し上げます。


さて、ここで突然ではありますが、
皆さま写真を「撮ったこと」、もしくは「撮られたこと」はありますか?


書類に貼り付ける証明写真、旅行の思い出に、仕事中のメモ代わりに、、、
携帯電話・スマートフォンで、デジタルカメラで、はたまた再びブーム到来の「写ルンです」を使って・・・?


などなど、
撮影の用途やカメラの機種などは様々考えられますが、
なんだかの形で写真を<経験>されたことがあるかと思います。


カメラは基本的には、
シャッターを切ると写真が撮れるというシンプルな操作方法です。

 

つまり、扱う人の技量・目線・趣味・嗜好・感情などが
否応なく明確にあらわになる表現方法であると言えるでしょう。

 

言い換えれば、
誰もが「カメラ」という道具を用いて

独自の世界観で対象の魅力を見出し、空間を切り取ることが出来る、
こんな素晴らしい能力を持っている、ということだと思います。


同じ被写体を目の前にして、どうやってそれを写すか、
また、如何に魅力を引き出した一瞬を捉えられるか、
というのが写す人それぞれの経験やセンス・ひらめきに問われてくるということです。


つまり、ただ目見えている空間の中で、

ある対象を切り取り、表現するときに必要なのは、

ー膣囘な表現者として「自分が表現したいものを見せる」という視点と、
被写体の魅力を見つけ、最大限に引き出して表現させる。
相手を理解し、また周りの人たちが何を見たいと思っているのかが想像できる、

という客観的な視点であると思います。

 


エス・ピー広告が携わる事業の
広告・エンターテインメント・飲食など、
これらはすべて、(不特定)多数の人に対して、最大限に引き出した魅力を表現し、伝え、分かって頂く。

 

さらに、それだけでなくそれに対しての興味関心と、

ポジティブな印象を持っていただく、というミッションを担っているのだと考えています。


自分が如何にして
ある対象を切り取り、魅力を魅力として伝えられるか、
そのスキルを磨いていけるよう、日々精進して参りたいと思います。


ちなみに、こちらは5月の連休中に私が撮影した写真なのですが、

 

 

何でもなく「記念に一枚」と思いスマートフォンで撮ったこの写真の
画角・人の表情・タイミングなどに私の本性が見え隠れしているかも・・・と、

自分自身で観察してみるのもまた一興かもしれないです。

 

皆さまも、最近何気なく撮影された写真など、機会がございましたら見返してみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧くださり誠にありがとうございます。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

| - | 00:00 |

あわせるということ

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

本社営業部デスクの中島です。

 

日頃より関わりいただいているお客様、協力会社様、

関わる全ての方たちにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

 

休日は趣味のゲームをすることが多いのですが

最近はネットを繋いで対戦できる対人ゲームにはまっております。

そのプレイの中でふと思ったのですが

顔も性別も年齢も知らない相手とマッチングして

即席でチームを組んで相手チームと競うことって

現実だとなかなか見かけないシチュエーションですよね。

サッカーや野球で顔合わせをしたことがないメンバーが集まって

試合をすることなんてほぼないでしょうし、

子どものころなら知らない子と遊べても

それが大人になった今でも同じようにできるかと言われたら

なかなかできないことだと思います。

 

特にチームで分かれて競うとなると

同じチームの仲間を知っていないと何を任せていいのか

分からず、負けてしまうなんてこともあります。

自分一人が強ければ勝てるという訳でもなく、

また逆に自分が弱くても味方と足並みをあわせれば勝てることもありました。

始めた当初は動き方も味方とのあわせ方も分からず負けることが多々ありましたが、

チームで戦っていることを意識すれば勝てる試合も増えました。

味方がどんな人かはわかりませんが

味方がどう動くかは見ればわかるのでその動きにあわせられるようになったからです。

 

 

エス・ピー広告の仲間たちのことをもっとよく知りチームを大事にしながら

仕事により一層励んでいきたいと思います。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

| - | 00:00 |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECENT POSTS
代表 鈴木裕之の記事
ARCHIVES
PROFILE
SPロゴ

エス・ピー広告の内部を解き明かす
社員ブログ。

エス・ピー広告とは
どのような会社なのか。
経営陣から新入社員まで幅広く
エス・ピー広告の魅力や
日々の思いを発信して行きます。
基本的に毎週火・金曜日更新。

©S.P.advertising Co.,Ltd.